『D列車でいこう』



syousetu...1


プラハの春』『サヨナライツカ』『プリズム




少子高齢化が進行する日本社会は、現在存続に揺れ動く、
地方のローカル線に、とてもよく似てると言える。



長い間、適切な設備投資を行わず、
切り詰め続けて疲弊している鉄道の姿は、
日本社会・家族の姿そのものだ。



そんな現状に不満を持ちながらも、諦めている人は多い。



そんな中、廃止が決定しているローカル線存続のために、
中年2人とアラサ―女子1人の3人組が、
もう一度、青春のパワーをぶつけ、
人生の輝きを取り戻すストーリーを描き、
爽やかな風を社会に吹き込んだ作品が、
阿川大樹の、『D列車でいこう』だ。



東大在学中に、野田英樹らと劇団を立ち上げ、
電機メーカーを渡り歩き、半導体技術者となった後、
小説家デビューした、その波乱万丈の経歴が、
いかんなく発揮された小説と言える。



物語は…



55歳のツーリングが趣味のメガバンク支店長が、
気の向くまま訪れた広島県のローカル線で、
撮り鉄の男と出会うところがきっかけとなる。



生きがいのある仕事をしたいと思っていた主人公が、
部下の女性を巻き込みながら、
次第に鉄道再生に興味を持ち始める姿は、
多くのサラリーマンが共感する部分だろう。



肝心の鉄道会社社長は、町長も兼任していて、
主人公達のご奇特とも言える、
再建プランの申し出には否定的なのも、
ありがちな悪者の姿に描いておらず、



むしろ、地方の現状を赤裸々に語る、説得力のあるものだ。



バンドコンテストの開催始め、思いつくイベントが、
そうそうトントン拍子には進まないだろうと思ってしまうが、
ご都合主義と感じることなく、むしろ応援してしまいたくなる。



サクセスストーリーというよりは、
ファンタジーと言えるこの作品を、
是非、多くの人に読んでもらいたいと切に願う。







<<姉妹サイト>>
看護師辞めたい…|辞める前に専門家に相談しよう!
引っ越し費用の相場はどれくらい?|節約するならこの方法!
シルバーウィーク(9月連休)の旅行先、2015年のおすすめは??